読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知について3

再び推しBの話に戻る。 推しBに認知されて何か良いことがあったかと言われれば、いわゆるファンサで美味しい思いが出来たこと位だった。推しCと違い、推しBはオタクに平等ではなかった。いわゆる認知優遇、ゴールド会員はブロンズ会員とは違うのよっ!てな感…

認知について1

認知についての文をいろいろ興味深く読んで、自分のケースについて書いてみたくなった。なんというか「認知」にもいろんな段階といろんなパターンがあって、本来はひとくくりに出来るものでもないと思う。もっと個人的なものであったはずである。一方で、「…

認知について2

さて、推しBの話をする。この推しBが展開してるのがいまどきの認知、量産型認知(戦略的認知)だと思う。認知を活用して営業をかけてくる。 なんとなく覚えられてるのかな?と思うことはわりと昔からあった。仕事帰りとかでウチワを持たずに入っても駆け寄って…